地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」

街の小ネタ byチャリンコ営業マン

【開催延期】ワークショップの参加者募集を開始

阪急塚口駅南駅前広場の利活用に関するワークショップ

2021/07/27

8月21日(土)に実施を予定していた企画ワークショップについて、兵庫県での新型コロナウィルス感染者数が増加傾向にあり、8月20日(金)から9月12日(日)まで緊急事態宣言が発出されることを受け、新型コロナウィルス感染症感染拡大防止のため、開催を延期いたします。

また、9月12日(日)に開催を予定していた作業ワークショップ、9月末から10月上旬に開催を予定していた社会実験についても、それぞれ日程を延期いたします。

延期後の日程については、現在調整中ですが、日程や詳細が決まれば、再度お知らせいたします。


尼崎市では、阪急塚口駅南駅前広場の改良を予定しています。
整備にあたっては、「居心地がよく歩きたくなる駅前空間」となるように、整備後の利活用を見据え、使いたくなるような駅前広場となるように、計画していきます。
そこで、利用者の方に、駅前広場でしてみたいことや、利活用のアイデアを聞くワークショップを開催します。
また、いただいた意見をもとに社会実験を実施し、「一緒に駅前広場を使ってみる」機会を設けたいと考えています。

1 企画ワークショップの概要

阪急塚口駅南駅前広場周辺の公共空間利活用についてのアイデア等を検討するワークショップを実施します。
《テーマ》
A:3番館建て替え後の駅前広場やスカイコム広場の新たな利活用法について
B:今年の社会実験時にやってみたいこと

日時:8月21日(土)午後1時~4時
場所:さんさんタウン2番館4階 コミュニティホール1・2号室
募集人数:先着20名

2 作業ワークショップの概要

社会実験で使用する備品の準備(色塗り等軽作業)に参加するワークショップを実施します。

日時:9月12日(日)午後2時~4時
場所:スカイコム広場
募集人数:先着20名

3 社会実験の概要

「心地よい駅前広場ってなんだろう?」
みんなで使いながら一緒に考えたいと思います。
企画ワークショップで出たアイデアを実践したり、作業ワークショップで作成した什器を使ったりして、「駅前広場を使ってみる」機会を設けます。
実施内容や日時等、決まり次第公表します。

日程:9月下旬~10月上旬ごろを予定

4 応募方法

以下の内容をご記入のうえ、Eメール、電話またはFAXのいずれかでお申し込みください。

記入内容 参加を希望するワークショップ名(どちらもの参加も可)、住所、氏名、年齢、電話番号、Eメールアドレス
募集期間 7月26日(月)~8月13日(金)
応募先
尼崎市都市整備局土木部道路整備担当
Eメールアドレス ama-douroseibi@city.amagasaki.hyogo.jp
電話番号 06-6489-6493   
FAX番号 06-6488-8883

この記事に関するキーワード

人気のキーワード