地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

冷え性の対策

 足の専門&リラクゼーションサロンいっしんのニュース

こんにちは
足の専門いっしんです

今日は、下半身の筋力についてお話します

50代以降に全体の筋肉量は目に見えて減ってきます。
よく、50代前になると、階段や上り坂が
疲れるなと感じませんか?

ただし、この筋力、実は部位別に違います。
全体的な筋力は、50代~ですが、
下半身に関しては、実は20代後半から減ってきます。

これは、なぜかというと、
20代後半といえば社会人になる年代です。
学生時代は、何もしなくても、体育の授業、学校の階段、学校への通学
など、足を必然的につかっていました。

しかし、社会人になると、移動手段は車や電車など、
あまり足を使う機会が減ります。
特に上半身はなにかと使いますが、
下半身の筋力は、極端に減ってきます。
そのため、筋力が20代後半から、下肢筋力は減少してきます。

特に女性の場合、
下半身の筋力は、全体の7割をしめますので、かなり重要です。

女性に冷え性が多いのも、筋力低下が関係しています。
これからの季節、冷え性を対策したい方は、
足の筋力をつけることをおすすめします。
(のちほど、トレーニング方法を伝えます)

そして、冷え症対策のもう1つは、
マッサージで循環をよくすること

本来、筋力があれば、重力で下がった血液を心臓に戻す力がありますが、
筋力が低下しているなら、戻す力も弱くなります。
なので、マッサージで戻してあげるのも1つの方法です。

では、自宅でできる冷え性対策をご紹介します。
最初は筋力トレーニングです。
回数は10回くらいで構いません。そのかわりゆっくりとしてあげてください。

1.太もも鍛えるスクワット
椅子にかけるように、おしりを後ろに突き出しながら、両膝を曲げます。
このとき、両膝が、足のつま先より出ると、膝を痛めてしまいますので、
つま先が出ないように、お尻をうしろに突き出してください。

2.ふくらはぎを鍛えるカーフレイズ
どこか壁か手すりを持ってください。そのまま、足を腰の幅くらいにひらきます。
つま先を正面にむけます。そのまま、ゆっくりとつま先に体重をかけるように、
カカトをあげます。(つま先立ち)
このとき、指先全体に体重を乗せてあげてください。
そのままゆっくりと、かかとをおろします。

この運動をご自宅でしてみてくださいね。
足のマッサージは、いっしんにおこしください
リラクゼーション[リラクゼーションサロン]

足の専門&リラクゼーションサロンいっしん

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

人気のキーワード