地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」

昨日、最後の総会が開催されました

 あまがすきハーフマラソン(尼崎市市制100周年記念ハーフマラソン)実行委員会のニュース

昨日、最後の総会が開催されました
尼崎市市制100周年記念ハーフマラソン実行委員会の第5回総会が、ホップインアミングで開催され、約80名の関係者が集いました。

会議では、稲村実行委員長(市長)の挨拶の後、事業報告、決算および監査報告、剰余金の取り扱い、解散について審議がなされ、すべて可決承認されました。

剰余金は合計754,965円あり、そのうち、154,965円を尼崎市緑化基金に寄付、600,000円は一昨年まで継続開催されており、平成29年も開催予定の「あまがさき市民マラソン大会実行委員会」に寄付されることになりました。

サンケイスポーツさんからは、「市民が主体となって8000人規模のマラソン大会を開催されることはまれであり、素晴らしい一日だった」とお褒め頂きました。ですが、広告代理店やマラソン大会開催のプロが運営したのではなく、市民が主体であったことで、ランナーを始め関係者の皆様に様々な御不自由をお掛けしましたことをお詫び申し上げますとともに、今年(平成29年)は同じ規模のマラソン大会が開催されないことをお知らせしておきます。尼崎でマラソンをお楽しみになりたい方は「あまがさき市民マラソン」にエントリーしてください。

最後に、今大会を支えてくださいました長谷工グループをはじめとする協賛各社の皆様、尼崎南警察署の皆様、沿道企業の皆様、大会当日ボランティアくださった2000名近くの皆様、兵庫県・尼崎市関係各署の皆様、各業者の皆様に篤く御礼申し上げますとともに、ボランティアでありながら、マラソン実施のため時間とお金を沢山使わせてしまいましたスタッフの皆様に感謝の気持ちを伝えこのニュースを完全に終了させていただきます。

はぁ~、疲れた。長きにわたりニュースご愛読ありがとうございました。南警察署さん曰く「第2回は市制200周年で‥」とのこと。残念ながら、誰も生きてましぇーん。
スポーツ施設[マラソン大会]

あまがすきハーフマラソン(尼崎市市制100周年記念ハーフマラソン)実行委員会

最新のニュース一覧へ