地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」

お久しぶりです‥

 あまがすきハーフマラソン(尼崎市市制100周年記念ハーフマラソン)実行委員会のニュース

お久しぶりです‥
 もうニュースを更新する予定はなかったのですが、様々な所で感謝の言葉を頂きましたので、思わず更新してしまいました。

 様々な問題があって、ランナーのみなさま全員に満足いただける大会を運営することができませんでした。2年半にわたり、仕事の合間をぬって企画立案してきましたので、達成感を味わいたかった16日の夕刻ですが、反省ばかりが頭の中に詰まっていました。その後も自分自身では知り得なかった事態を把握し、さらにずっしりとその重みを感じていました。

 そんな私を少しずつ楽にしてくれたのは、実際走られた皆さんやボランティアしてくださった皆さんからのお言葉でした。「こんな身近な場所を走ることができてうれしい」「尼崎のマラソン、ってなめてたけど、本格的やった」「会社の前がコースになっていて、これまでマラソンをしたことのない従業員にも走らせたら、来年も走りたい、と言っていた」「思っていた以上に、給水ボランティアは楽しかった。来年はないの?」などなど。こんな温かい言葉を耳にするたびに、少しずつ普通の気持ちを持つことができるようになりました。

 ランナーとして参加されたある会社の社長さんは、自らが写った写真を見せてくださいました。皆さん、めっちゃええ笑顔。私はシャトルバス運行に携わっていましたので、会場には一度も足を運べずランナーが走っている姿を全く見ることができなかった数少ない実行委員の一人ですが、数枚の写真に込められた、ランナーの皆さんが「あまがすきハーフマラソン」を純粋に楽しんでおられる姿を見て、涙がこぼれました。マラソンの運営メンバーながら、マラソンのマの字も味わえなかったセンタープール前で苦労した実行グループメンバー、そしてボランティアメンバーにもしっかり伝えたいと思います。ランナーのみなさま、楽しんでくださり、本当にありがとうございました。

 だからといって、行き届かなかった点を許されるわけではありません。悔しい思いをされたランナーの皆さんもおられるんだ、ということを忘れることなく、美しくあまがすきハーフマラソンの仕舞いへ向け歩みたいと思います。

(写真はお世話になった広報グループメンバー、手前から小野幹事、加藤副グループ長、カメラマンは道脇幹事(写っていません)、そして最後尾は私です。この頃はめっちゃ楽しかったなあ。2度と、このメンバーで一つの目標に向けタッグを組むことはないかもしれませんが、組めば最強だろうな、と思っています。皆さん、ありがとうございました)

 10月30日19時から19時55分までサンテレビであまがすきハーフマラソンの様子が放映されます。お楽しみに!

 今度こそ、最後のニュースです。長きにわたり、ご愛読くださりありがとうございました。私は一生、あまがすきです。ハーフではなくフルにすきです!
スポーツ施設[マラソン大会]

あまがすきハーフマラソン(尼崎市市制100周年記念ハーフマラソン)実行委員会

最新のニュース一覧へ

人気のキーワード