地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

尼崎の地域情報サイト「まいぷれ」

あまぶら通信

マスクをこよなく愛する社会保険労務士!!!

NO.3 社会保険労務士・行政書士 小西事務所 小西先生

2015/09/26

尼崎生まれ尼崎育ちのヒラ☆エツが尼崎をぶらり。
濃くておもろいカオスな尼崎の人情味溢れる方々に出会い紹介していきます。
いろんな人おるから、やっぱ尼すっきゃねん!!

社会保険労務士・行政書士 小西事務所 小西先生

阪急塚口駅すぐの場所で社会保険労務士・行政書士事務所をされている小西先生にお話をうかがいました。
この小西先生、表の顔は社労士の先生ですが、裏の顔はプロレスマスクのコレクター。
プロレスマスクについてかなり熱く語って頂きました。
社会保険労務士の資格を取得されるまでは、ご自身で行政書士事務所の経営、夜はバイト、その後勉強という日々を送り、資格を取得したというなかなかの強者です!
写真はマスク姿ですが、通常業務はマスク被っておられないのでご安心を(笑)。

―どんなきっかけで社会保険労務士になったのですか?―

元々行政書士の資格を持っていて、平成16年、26歳の時に行政書士の友人と二人で西宮で行政書士事務所を開業しました。
開業当初は仕事が無かったので、事務所の閉店後18時から23時までヤマト運輸でバイトをしたり、事務所開店前の朝5時から8時までヤマザキパンでバイトをしていました。
ヤマザキパンのバイトでは「よもぎ大福」担当だったのですが、当時近畿一円のよもぎ大福は僕が作っていましたよ(笑)。
行政書士の仕事をしていて保険料の計算などをする必要性が出てきたので、社会保険労務士の資格の必要性を感じ、バイトの後勉強しました。
当時一緒に行政書士事務所をしていたパートナーは行政書士事務所とバイトの傍ら司法試験の勉強を続け、今は弁護士になっています。
その後、平成22年に塚口に事務所を移転し、現在塚口で社会保険労務士・行政書士事務所をしています。
 
―では本題です。マスクの話をしてください!―

元々幼稚園の頃からプロレスが大好きでした。
プロレス好きが高じてマスクは中学生から集めています。
一枚目はマスカラスのマスクを通販で買いました。
マスカラスはメキシコの覆面レスラーで、50代以上の方ならご存知の方も多いですよ。
マスクは今まで沢山集めましたが、最終的にはマスカラスかタイガーマスクに行きつく。
タイガーは初代から4代目までがいるのですが、僕は2代目が一番好きですね。
プロレスを幼稚園の頃から見ていたのですが、その頃活躍していたタイガーが2代目なんです。
2代目タイガーのマスクは全部持っています。
僕はマスクの縫い目や素材を見ただけで誰が作ったかや、年代がわかります。
最近結婚したのですが、残念なことに結婚してからマスク集めに制限がかかり、自由に買えなくなりました。
結婚してからまだ1枚しか買えていない。。。
この前ネットで55,000円で欲しいマスクがあったのですが、妻が怖くて買えません。。。
僕は、現実社会でマスクファンに一度も会ったことが無いんです。
尼崎にコレクターがいたら会ってみたいです。

―マスク収集と社会保険労務士としてのこれからについて教えてください―

ある程度タイガーマスクは集めたので、これからは「ザ・コブラ」や「スーパーストロングマシン」を集めていきたいです。
マスク集めを通じて、昔の自分の小さいころの良い思い出を思い出しています。
マスクの美しさではなく、年季が入っている方が嬉しいですね。
社会保険労務士としては、自分ならではの仕事がしていきたいです。
人事考課を手掛ける社会保険労務士になりたいですね。

 

マスクの話をしているときの小西先生の表情はキラキラ輝いていました!
「この縫い目見て!違うでしょ!」というマスクの縫い目や素材の違いを熱く語る小西先生。
かなりマニアックな先生です。
ちなみに、音楽は「スペインのメタル」が好きなんだそう。
マニアックな趣味だけでなく、社労士・行政書士の仕事もきっちりされているので、小西先生の事務所を覗いて見てください。
通常はマスクを被っていませんが、運が良ければ、タイガーマスクを被った優しい小西先生がおられますよ。
社会保険労務士・行政書士
小西事務所

尼崎市塚口町1-3-26井川ビル2F
06-6428-1150

PICK UP 尼崎のお店 ~ショッピング~